• THIS IS MECENAT 2022
  • 本活動は、公益社団法人企業メセナ協議会より芸術・文化支援による豊かな社会づくりの取り組みとして認定されました。
道修町たなみん寄席
「くすりの町」として知られる大阪・道修町の
田辺三菱製薬株式会社が主催する寄席。
オリジナル・キャラクターの「たなみん」をアイコンに、
落語やまち歩きなどを通して、大阪の歴史と文化に親しんでいただきます。
 

第11回 落語ネタ信心から

2年半ぶりのリアル開催となりました!
くすりの町・道修町にお越しいただき、
落語で笑って、ちょっとだけお勉強して
楽しい土曜の午後をお過ごしください。
今回は「民間信仰」についてです。

7月2日(土)
14:00〜

  • 入場料|1,000円
  • 定員 |150名(要申込・先着順)
  • 会場 |田辺三菱製薬本社 大阪市中央区道修町3-2-10

終了しました

印刷用のチラシのダウンロードはこちらをクリック

落語
  • 笑福亭松枝

    笑福亭松枝
    「三枚起請」

    「夜遊びが過ぎる」と友人からいさめられた男が、お茶屋の女との間で交わした起請文を見せて自慢するのだが、実はその友人も起請文を…。

  • 笑福亭生喬

    笑福亭生喬
    「ぞろぞろ」

    神社の門前で茶店を営む貧しい老夫婦の店には売れ残ったわらじ一足があるだけ。そのわらじも売れてしまうのだが、そこから奇跡が起こる!

  • 桂あおば

    桂あおば
    「お血脈(けちみゃく)

    善光寺が舞台。額に押してもらえばどんな罪を犯していても極楽往生ができるという「お血脈」という判子を巡って展開する破茶滅茶ドラマ。

講演
  • 髙島幸次髙島幸次
    大阪町人宗教風土落語

    庶民のあいだの信仰、
    落語でも大切な要素に。

    庶民の文化・風俗が色濃く反映されている古典落語には、「この時代はそうだったんだろう」という事象がたくさん登場します。昔のことだから…とそのまま丸呑みにして聴いていてももちろん楽しいわけですが、「それが何か」を知っておくと、よりおもしろく落語を楽しめるはずです。
    今回は、当時の庶民の間では当たり前だった民間信仰のようなものが垣間見えるネタを通して、その中に出てくる寺社や、信仰の内容が、実際はどのようなものだったかを考えます。

開催概要
日時 2022年7月2日(土)
14:00〜16:00(受付13:15〜)
会場 田辺三菱製薬本社 本社3階(大阪市中央区道修町3-2-10)
定員 150名(要申込・先着順)
※定員に達し次第締め切ります。
参加費 1,000円
申込方法 このページにある参加申し込みフォームで送信してください。応募1通につき4名まで申し込み可能です。
なお、複数名でご参加希望の場合は、代表者の方の必要事項を明記してください。

印刷用のチラシのダウンロードはこちらをクリック
参加の流れ ①お申し込み
参加申し込みフォームにて必要事項をご入力の上、送信してください。
②当日お支払い
当日、会場で入場料をお支払いください。なお、お支払いは現金のみとなりますので、予めご了承ください。

☆お申し込み先着順に予約IDを発行し、当日はその番号順にご入場いただきます。
☆予約IDはお申し込み後に届く自動返信メールに記載しています。受付でお知らせください。
お問い合わせ 道修町たなみん寄席事務局・株式会社140B内
TEL.06-6484-9677(平日11:00〜17:00)
主催 田辺三菱製薬株式会社
企画・運営 株式会社140B

これまでの 道修町たなみん寄席レポート

参加申し込みフォーム 「*」のついている項目は入力必須です。

下記の項目を入力してください。
参加ご本人
*お名前  ☆全角 例)寄席 太郎
*フリガナ  ☆全角 例)ヨセ タロウ
*メールアドレス  ☆半角英数 例)info@tanamin-yose.net
*電話番号 - -  ☆半角数字
*住所
郵便番号
都道府県
市区町村
*年齢
参加ご本人以外に、ご一緒に申込みする方 1人目(A)
A.お名前
A.フリガナ
参加ご本人以外に、ご一緒に申込みする方 2人目(B)
B.お名前
B.フリガナ
参加ご本人以外に、ご一緒に申込みする方 3人目(C)
C.お名前
C.フリガナ

たなみんと田辺三菱製薬史料館HP

当日は、道修町の歴史がよくわかる
田辺三菱製薬史料館を
見学していただけます

https://www.mtpc-shiryokan.jp/

道修町たなみん寄席の
YouTubeチャンネルに登録してね!

過去に公開された落語やトーク、資料館の紹介などが観られる道修町たなみん寄席チャンネルです。